自由診療となるアンチエイジング目的のNMN治療の相場

2022年3月31日
masterad_observatorioelectoralunlp
コメントはまだありません

NMN治療が注目をされている理由

NMN治療というものを聞いたことはありませんか。
これは2000年以降、アンチエイジングとして非常に高い注目を集めているものです。
日本では2005年に厚生労働省の認可を得て、おもに美容外科・皮膚科・婦人科で実施をされるようになりました。
もともとは韓国で1999年にスタートした治療ですが、今ではアメリカやイギリス・ドイツでも女性から男性までもが受けるようになっています。
NMNとは高濃度プラセンタを濃縮しているもので、加齢によって失われるタンパク質を補給することが可能です。
処置としては基本的には点滴となっており、アンチエイジング目的だと生理食塩水500ミリリットルに対して、NMNを約40パーセントに希釈をして使用をなされます。
NMNの場合、天然由来のタンパク質であるため、アレルギー反応を誘発する心配がないのがポイントです。
そのため、アンチエイジングケアでは安全であることが注目されるようになりました。

NMN治療のおもな相場

NMN治療はアンチエイジングケアに重きを置かれているため、美容外科・皮膚科のほか婦人科でNMNを受けるにしても必ず自由診療となります。
この自由診療とは健康保険が適応されず、全額自己負担になることを意味するわけです。
アンチエイジングの場合、疾病治療ではないのでどの医療施設を受診をしてもおなじスタイルの費用となります。
簡単にNMNの平均的な相場を見ていくと、点滴両方のみであれば1回につき、約1万5000円から2万円となるものです。
NMNは1度だけでなく継続しないといけないため、大半の医療施設で10セットというまとめたプランを用意されているのが特徴です。
単発の点滴であれば1万5000円となりますが、セットプランだと10パーセントから20パーセント程度の割引となる場合もあります。
NMNは最低でも20回程度の回数で、2ヶ月に1度の補給をしないとアンチエイジング効果を得ることはできません。

まとめ

NMN治療は現在では、多くの美容外科・皮膚科・婦人科で実施をされるアンチエイジングケアとなりました。
女性の場合35歳以降になるとホルモン分泌が大幅に低下をするため、体内でタンパク質を構成しにくくなります。
NMNはそのタンパク質を補う効果のある点滴両方であり、最低でも20回の継続が必要です。
費用は自由診療とありますが、大半の医療施設でセットプランを用意されているので、単発よりお安い費用で受けられるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。